長年人材業界で就業していた私を抑えきれずキャリアチェンジしました。

【キャリアチェンジ、でも具体的なものが見えない時期】

ホームパーティーやお料理で、人に喜んでもらうことが大好きという気持ちが

長年人材業界で就業していた私を抑えきれずキャリアチェンジしました。

とはいっても、実際に何ができるの、
何からすればいいのかな。

料理家として活躍している方の経緯を見ると、
イタリアで○○先生に従事、

フランスの○○学校を卒業と経験と肩書のある方ばかり。

 

今更、やっぱり無理だ、
こんな年だし、
就職した方が健全かもと諦めかけの気持ち、

いや、こんな私でも出来るってことを
未来の私のような人にも伝えたい!

テンションが上がったり、下がったり、
こんな気持ちが行ったり、来たり。

でも、この気持ちって、
営業の仕事していた頃もそうだったなあ、

売上が上がれば自信持てるし、
うまくいかないと落ち込んで、辞めようかな、

でも本をて、色んな情報を見て
共鳴しているような何かを見つけて

自分を励ましてたな。

人生っていつも頑張ろうって気持ちがあるから、
こうした気持ちになるのよ・・

なんて自問自答を繰り返していました。

 

【お料理に関わる方との出会い】

まずは出来ることから!

お料理関連の講座や
協会で同じことを志すお友達に出会えて、

素敵なお料理、
スタイリングの先生に出会えて、
新しい発見がたくさんあって、

毎日が楽しい!

こんな日々が続きました。

お料理教室の魅力って、
好きなテイストの先生に出会うこと、
先生から声をかけてもらうと

テンションも上がって、
また行きたくなる、

関わっていたいなって思いでリピーターに
なることだなあといくつかのお教室に行きながら、
感じました。

また同じ志の方のレシピや
スタイリングを見て刺激を受けていました。

でも、まだ具体的にどんな事をしていいのか
わからないし、

もっと勉強しに行ったほうがいいのかなと
講座探しを検討していました。

 

【竹内絢香先生に出会って】

絢香先生にお声をかけて頂いて、
舞い上がりそうなほどうれしかったです。

でもお話しをお伺いして、
ちょっと気持ちがズドーン。

パンを作るって私のレシピ、
開きたいお教室のテーマにはありませんでした。

理由は、ひとつ。

パンの工程が大変そうで、
出来上がるまで成功したかわからないパンを

殆ど焼いたことのないから。

これが私の率直な気持ちでした。

 

チャレンジしたいフィンガーフードは
お料理しながら、素敵に盛り付けながら、
形を見ながら

方向転換もできるし

完成まで自分の手で変更できるという思い込みが
私の魅力でした。

 

そんなお話しを先生にお伝えしながらも、

お教室に通いたい方はパンを希望している方が多いですよ、

ちゃんと調べていますよと

専門家である絢香先生から伺うと、
目が覚めた気持ちになりました。

私のふわっとした気持ちと

きちんとお調べしている先生からの一言で
心を決めました。

 

教室に通ってみると、

すでに先生をされている方が殆ど。

あれ、場違い?って思うことも

ありましたが、

絢香先生はじめお越しになっている先生が、

ほんとに丁寧に教えてくれるので、

先生のあるべき姿も

ここで拝見することもできました。

 

パンはひとつの生地から、
3種類できるって、

パンを買う方は想像もしていないので、

一日の講座でこんなにできるのがうれしいです!

しかも、お料理も素敵なレシピばかり。

今まで自分でも作っていたけど、本当はこうして

作るんだと教えて頂けます。

フルーツを使ったレシピも、

カンタンに美味しくできます。

講座のあとは自宅で実践しています。

パンを作ると家族は大喜びです。

今まで大変だと思って、

手を出さなかったお料理もえ~、これだけでいいのねって必ず

思います。

この思いになるって、

お料理教室で一番良いレシピだと思います。

 

今年の春頃から

地域のイベントやお料理教室を担当させていただいています。

おもてなしパーティーアドバザー講座で

学んだことも活かして、

自信をもってみなさんに説明が

出来るようになりました。

 

絢香先生は、お忙しいなかでも、

お一人、お一人の特徴、ステイタスを見ながら

いつも丁寧に教えてくださいます。

とてもお優しい表情ですが、

すごく強い精神力と

高いビジネスの成功術をお持ちです。

 

一人で始めていたら、

甘えが出てしまいますが、

絢香先生やご一緒に進めている先生方がいれば、

引っ張って下さいます。

お話しをしながらステージを感じ取って

アドバイスしてくださいます。

 

一方家庭では、

夫がいきなり会社を辞めてしまい、一瞬奈落の底に。

本人も私のようにやりたいことがあるようですが、

保障されたものでもなく、

不安な日々もありましたが、

とにかく状況は受け入れること。

そのために今、自分がどう動くのか、

後ろはありません。

こんな状況の中で、絢香先生に出会えたのも

偶然ではないなあと感じています。