しっかりと利益を生み出す仕組みの導線には、 まだ入口に立ったばかりですが まるで無駄がない。

愛知県から神奈川県小田原市に引っ越してきて1年。

同時に、それまで好きが高じて
友人である生徒さん相手に開催していた
自宅パン教室を

引っ越しと長女の大学進学のタイミングで
ひとまずclose。

「今は今として、外に出て働かねば」と
知人もいないことから人材派遣会社に登録して
パートタイマーに。
職場と家との行き来のみの生活は、
自分が意識している以上に精神面での疲労感があり、

これまで1年365日のうちの200日以上
オーブンを稼働させていた生活から一変。

創作意欲も失せ、
私の生活はまるで色を失ったかのようでした。

「こんな自分は好きではない」
「今は今として」は必要ではあるけれど、
プラスαの気持ち次第で
自分をもう少し輝かせることができるのではないか。
「そんな自分に会いたい!」
じわりじわり込み上げてくるそのような想いで
「小田原パン教室」をGoogle検索。

引っかかってきたのが、私の愛してやまないバイブル、
「エル・グルメ」フードクリエイターの肩書きをもつ
竹内絢香先生の教室でした。
ホームページもとても魅力的で

「そうそう。少しでもいい。
私はこんな華やかな世界に身を置きたい。

是非、この先生とのご縁をいただきたい!
もう待ってはいられない」と、

そのまま熱いメッセージを送り、
お返事をいただいてお目にかかったのは
今からほんの4ヶ月前。

「今、何をなさりたいのですか」
の絢香先生からの問いかけに、

ここ十数年取り組み、
なんとなく思い描いていることを
一気に話させていただいたところ、

絢香先生はじっくりじっくり聞いてくださり、

「それはおもしろいですね!
とてもしっかりとした将来のビジョンをお持ちだと思います。
是非実現させてほしいです。
サポートさせていただきますよ。」と。
私はこれまで友人たちに
よく言われておりました。

「あなたのやっていることは突き詰めていて、
相当おもしろいけれど、
そこまでエネルギーを注いで一体どこを目指しているの?」と。
そして私の答えはいつも決まって
「わからない」
でした。
「あんなことできたらよいな」
「こんなこともおもしろいな」
とは薄らぼんやり思うものの、夢は夢。

地に足のついていない
ふわふわしたもので、
叶うはずのないつかみようのないもの。

その私の薄らぼんやり夢話を
「是非実現させましょう!」
とは・・
なんてことでしょう。

そこからはピンポイントで「あなたの持つ魅力」

「あなたの持つ個性」
について折に触れお言葉いただき、

では、それを世の中に出して受け入れてもらい、

具体的に利益を生み出すには・・

「あんな方法」
「こんな手段」
「このような人材」

と次から次と提示していただき、

今はそれらを一つ一つ、
まだ信じられないような想いで
手にし始めたところです。


夢でしかなかった
「自分のオリジナル作品を世に出していくこと」
「多くの方々に喜んでいただくこと」
を実現させるには、

あまりにも無知でハードルは高く、先行き不透明。

けれども、絢香先生とのお出逢いからここ数ヶ月、

色を失くしてしまったかのような生活から一変、
今、私はクリエイトしていくことのおもしろさと喜びを取り戻し、

更にこれまで学ぶ選択肢すらなかったことを
必要に迫られ手に取り、
サポートしていただきつつスキルアップを図っています。

そして、有り難いことに
絢香先生のサロンには夢に向かって志を共にする
「食」に関わる仲間が集い、

得意分野を惜しみなくアドバイスくれ、
自然と声を掛け合って切磋琢磨

自ずとクオリティを上げていただく環境にあります。
絢香先生の描かれる女性(男性も)が起業し、
泣き寝入りするのではなく、

しっかりと利益を生み出す仕組みの導線には、
まだ入口に立ったばかりですが

まるで無駄がなく、
次に繋がる気付きがあり、
新しいステージに立って違う景色を見てみたい欲も芽生え

私の人生は薄らぼんやり夢物語から、急激に
「チャレンジしていく人生」に転換。

絢香先生はお言葉くださいます。

「一生サポートさせていただきます」と。
一人で思い描くだけで
行き着く先もわからない、
行き着けるとも思えなかった
「好きなこと」
それを
「のこさんの思い描く世界観を
待ち望んでいる人は、
きっとこの世に大勢いらっしゃいます」
と絢香先生に温かくも、
強く背中を押していただき、
「さぁ、のこさん!今です!今日です!!」と
鍵をかけてきた人生から自分を解き放ち、
思いきってオープンにし始めたアラフィフ新米チャレンジャー
絢香先生という、
人を引き上げるエネルギーの半端ない、
とても魅力的な強力サポーターを得て、
私の人生
今からが本番です!